HOME > お知らせ・更新情報 >

2024/5/31

2023-2024年度 5月分 金沢東RAC活動報告

金沢東RAC会計 沖崎碧

こんにちは!金沢東ローターアクトクラブの沖崎碧です。5月の活動内容を報告いたします。

5月11日・12日に第2630地区RA(岐阜・三重)の年次大会に和田会長(地区代表エレクト)・沖崎の2名で参加いたしました。2630地区の皆様には、昨年度の当クラブ国内研修や50周年記念例会などたくさんの方がご参加いただき古くから懇意にしていただいている友好地区です。我々は1日目の懇親会と2日目の大会プログラムに参加いたしました。大会テーマは「風雲之志」でした。

(風雲之志:時流が大きく傾いて、世が急変しようとする気運に乗じ、功名を得んとする大望。)

2日目は各クラブの活動報告があり、その大会テーマにふさわしく、休会していたクラブが復活しようと動き出しているという内容とお伺いいたしました。ただ、そんな中、会員減少などにより2クラブがなくなってしまうとの現状もお聞きいたしました。

この課題は他人事ではなく、当地区にとっても起こりうる問題であると感じております。

来年度は当クラブをはじめ2610地区全体の会員増強を図っていく必要があると考えております。5月20日には金沢東ロータリークラブ様の「愛の献血運動」がル・キューブで行われ、

当クラブのメンバーも受付のお手伝いに参加させていただきました。

100名を超える方にご来場いただいており、金沢東ロータリークラブ様の影響力の大きさを改めて実感いたしました。当クラブのメンバーも献血に参加させていただきました。

我々の血液が困っている方に届けば幸いです。

 

5月25日には当地区第46回年次大会を実施いたしました。

本年度のホストクラブは砺波ローターアクトクラブで、大会テーマは「再興」、会場は「若鶴大正蔵」で実施いたしました。

この日の為に当クラブからも5名が実行委員会として編成され大会の成功に向けて準備や打ち合わせを重ねてまいりました。

当日は地区内ロータリアンの皆様や全国友好地区のローターアクターの皆様を含む43名が参加し、大会はおおいに盛り上がりを見せたと実感しております。

全国友好地区のローターアクターは近年最多となる8地区11名の皆様にお越しいただき、これは当クラブがターゲットとして掲げる「NEXUS(絆・繋がり)」の輪が確実に広がっていることを実感しています。

現在、複数の全国友好地区より、当クラブ・地区に能登復興支援ボランティアの打診をいただいています。他地区と連携して企画を行い大会テーマのごとく「再興」に向かって、全国RA一丸となって出来ることを企画して実行していきます。

以上

PAGETOP