HOME > ロータリーとは > 地区活動方針

地区活動方針
「レジリエンス~未来のロータリーを築こう」
RESILIENCE~ MAKE the FUTURE of ROTARY

神野 正博

神野 正博

RID2610 ガバナー
〈七尾ロータリークラブ〉

 何といってもコロナウイルス禍は、わたしたちの生活を、仕事を一変させた。今後、ワクチン接種による集団免疫獲得に大きな期待が寄せられているが、その効果の科学的検証に乏しい状況にある。
ロータリーの創設はアルカポネが暗躍する荒んだシカゴであった。そして、われわれの倫理指針たる「四つのテスト」が誕生したのは大恐慌に喘ぐ米国であった。困難な時にこそ、変革が生まれ国際ロータリーが発展してきたことを忘れてはならない。
われわれは、社会もクラブの運営もコロナ禍以前には戻らないと認識すべきである。Resilience(困難から回復)していくために、beforeコロナを懐かしみ目指すことなく、われわれが漠然と5年後、10年後にこうなると思う未来の社会を、今ここに実現させる努力が必要と考える。
そこで、「未来のロータリーを築こう」の合言葉で、ひとり一人の地区ロータリアンが、新しいロータリーを築く気概を持ち、この困難を乗り切る必要があると考える。5年先、10年先に漠然とわれわれが思い描く未来の社会を今実現させる必要があるのだ。そのヒントは、三密の回避だろう。すなわち、「密着」の回避は「非接触」であり、「密閉」の回避は「リモート(オンライン)」であり、そして「密集」の回避は「バーチャル」なのである。
今後、ロータリーの揺るぎのない中核的価値感(親睦・高潔性・多様性・奉仕・リーダーシップ)を据えながら「三密」のない、未来のロータリーのあり方を模索していかねばならない。
以下に、「未来のロータリーを築く」ための7つの地区方針を列挙し、具体的目標としてのKPG(Keep Performance Goals)、そのためのKPI(同Index)を示す。

  1. 地区組織とクラブ組織の機能の明確化
    地区組織・委員会とクラブ事業の明確化を図る。事業の実施はあくまでクラブが主体であり、実施するための手続きの紹介や地区内外の他クラブ事業内容の交換を地区委員会が行う。ただし、国際青少年交換、米山記念奨学生事業、RLIは地区委員会が主体となる。
    (例)グローバル補助金を用いた国際奉仕事業の主体はクラブであり、その申請の相談は地区ロータリー財団委員会となる。
  2. クラブの活性化のために~各クラブでの未来ビジョン委員会の設置と会員増強
    すでにRIから設置勧奨のあるクラブ戦略計画策定委員会を「未来ビジョン委員会」と読み替え、新入会員、女性会員、さらにはローターアクトなどを交えて、未来像からバックキャストしてより魅力あるクラブ運営のあり方を諮問する。その際に「ロータリーの戦略的優先事項と目的」を意識し、その内容について話し合う。この委員会と広報部門が協力してSNSへの積極的発信を試みていただきたい。
    クラブが魅力あるものであれば、退会を防止し、会員増強に資するに違いない。クラブにおいては、ロータリーのDEI(多様性、公平さ、開放性)を意識して女性会員、若者に注目して増強に努められたい。
    クラブ活性化のための目標管理として「ロータリー賞」の目標設定と達成に向けた取り組みを支援したい。
    地区として会員退会防止クラブ、会員増強クラブを短い期間毎で機動的に顕彰する仕組みを創設したい。
  3. 地域のResilienceのために~地域社会奉仕を見直そう
    クラブの基盤は地域である。地域に目をやれば、コロナ禍で疲弊した飲食や観光産業とそれを支える流通・サービス業、極度の緊張状態にあった医療・介護などのエッセンシャルワーカーなどの存在がある。これに対して、ロータリアンは地域の一員として、それら産業や職種に元気を提供できる奉仕活動を実現すべきである。
  4. 職業奉仕を活用する
    4つのテストに代表されるロータリーの倫理観は、とりもなおさず企業や組織のCSR(社会的責任・Corporate Social Responsibility)であると理解すべきであり、これは職業奉仕に他ならないことを会員に強調すべきである。
    その上で、地域社会のリーダーたる会員が新入会員、若手会員などに積極的に語り合う場をロータリーの大きな強みとして、活かしアピールすべきである。
  5. ロータリーの「7つの重点分野」を意識した奉仕活動
    ロータリーは、ひとりではできない国際的な課題に対して、集団となって力を出すことで、それを解決することにある。その好事例が昨年アフリカ大陸から野生型を撲滅させたポリオプラスであろう。しかし、残念ながら国際的な課題はとどまることがなく、それが紛争や環境破壊の種となり、遠く日本のわれわれにも影響を与える。
    国際奉仕に限らず、国内・地区の奉仕事業に関しても、21年度から追加される「環境」を意識した事業を行う。これらは、単にロータリーの関心事ばかりではなく、社会の関心事でもある。これらを意識することは公共イメージの向上に資するに違いない。また、地区大会において「奉仕の集い」を開催し地区内他クラブの奉仕活動の紹介と情報交換ブースを設置したい。さらにはRI会長が提唱する「ロータリー奉仕デー」の実施に向けて、各グループ内で検討いただきたい。
  6. クラブの危機管理と持続性の担保
    青少年関連の国際青少年交換、米山記念奨学生、ローターアクト、インターアクト事業に限らず、ロータリー活動全般にわたってハラスメント対策、災害時や感染発生時などの持続可能性の維持のためのPCP(Program Continuity Plan)(一般企業・社会ではBCP)の策定が求められる。
    RIJEMや地区から示されるモデルPCPを参考にクラブ内で危機管理ついての議論を進められたい。
  7. 各種集会の基本的考え方
    2020-21年度開催する次年度を対象とする地区行事、2021-22年度内に開催する地区行事は、地域の新興感染症発生状況を眺めながら、三密を回避するため原則としてオンライン、ないしはハイブリッド型(人数制限した会場とオンラインの併用)を模索する。
    また、各クラブ例会のオンライン化、ハイブリッド化を模索いただきたい。オンライン参加は例会出席の大きな機会を与えてくれるに違いない。
    ガバナー公式訪問に関しては、原則、各クラブ入りを予定するが、感染症発生状況、三密を回避できない場合にはオンライン化も検討する。
1.RI会長テーマの 理解と促進
  • RI会長テーマ「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」を理解・活用してロータリーのビジョンに沿って活動する
2.地区活動方針
  • 地区戦略計画の策定
  • 各種研修会及び会議をオンラインと直接参加形式の併用によるハイブリッド形式での実施
  • リーダー育成の観点からRLIへの参加を更に促す
  • 各クラブの奉仕活動を情報交換する場「奉仕の集い」の開催
  • ガバナー月信をはじめ、ロータリー情報の提供、広報、クラブ目標の設定などあらゆる手続きでインターネットの活用を推進する
3.ガバナー事務所の運営
  • ガバナーエレクト事務所との連携・引継ぎの強化及び固定化へ向けた協力
4.ロータリー財団
  • ポリオ撲滅への理解を求め、会員の積極的な協力を求める
  • グローバル補助金を活用した奉仕活動の推進
  • 寄付ゼロクラブ0の達成
  • R財団寄付目標  150ドル/人
  • ポリオプラス目標 30ドル/人
  • 各クラブ1名以上の恒久基金への寄付(ベネファクター:

1,000ドル)を奨励する

5.ロータリー米山記念奨学会
  • ロータリー米山記念奨学会の活動への理解と協力を求める
  • 寄付ゼロクラブ0を達成する
  • 普通寄付目標  6,000円/人
  • 特別寄付目標 10,000円/人
6.会員増強
  • コロナ過における会員の退会防止及び
    「Each One, Bring One(みんなが一人を入会させよう)」の推進
  • DEIの考え方で多様な会員の人選を
7.クラブ
  • クラブにおける戦略計画の立案(未来ビジョンの策定)と目標の設定を推奨する。
  • クラブ活性化のために、全クラブにロータリー賞(別紙パンフレット参照)への挑戦を推奨する
  • 「もっと行動し、もっと成長する」
  • 「ロータリー奉仕デー」を意識した活動及び公共イメージ向上(SNSの活用)
  • オンライン例会等DXを推進
PAGETOP